Tkinterによる簡単なGUI

Python には Tkinter(ティーケーインター)という簡単な GUI 作成用ライブラリ(Tcl/Tk(ティクル・ティーケー)インターフェース)が標準で備わっています:

import tkinter as tk

まずは対話型の環境で窓を一つ作ってみましょう:

root = tk.Tk()                # 窓を作る
root.title("Tkinterの練習")   # 窓のタイトルを設定
root.geometry("640x480")      # 窓の大きさを設定

この中にラベル(テキスト)を書き込んでみます:

label = tk.Label(root, text="テスト")  # ラベルを作成
label.pack()                           # 実際に表示する

ボタンも作ってみます:

button = tk.Button()                        # ボタンを作成
button["text"] = "クリックしてね!"         # ボタンにラベルを設定
button["command"] = lambda: print("ほげ!") # ボタンの動作を設定
button.pack()                               # 実際に表示する

ここで lambda: は無名関数を作るための命令です。もっと複雑なコマンドをボタンに設定するには,関数を定義し,その関数名を button["command"] に代入します。

対話型環境では,このように部品を一つずつ追加して確認できますが,一つのスクリプトにすると,すぐに終了してしまいます。そこで,プログラムの最後に

root.mainloop()  # ループ(対話型環境では不要)

と書いて,無限ループにします。終了するには,窓の「終了」ボタンをクリックします。


Last modified: