XOOPS

Vine Linux 3.2で動かしてみる。apache,php,php-apache,php-mysql,MySQL-server,MySQL-clientをインストールしてあること。

http://xoopscube.jp/ から最新のソースをいただいてくる。

tar xvzf xoops-2.0.13a-JP.tar.gz
mv xoops-2.0.13a-JP/html /home/httpd/html/xoops
cd /home/httpd/html/xoops/
chgrp apache uploads cache templates_c mainfile.php
chmod 770 uploads cache templates_c
chmod 660 mainfile.php

MySQL の動いているマシン上で次のような設定をする。

mysql -u root -p
# パスワードを入れる
show databases;
# データベース一覧が表示されるので,一覧にない名前(例えばxoopsdb)を選ぶ
select user from mysql.user;
# ユーザ名一覧が表示されるので,一覧にない名前(例えばxoopsuser)を選ぶ
create database xoopsdb;
grant all privileges on xoopsdb.* to xoopsuser@localhost identified by 'himitsudayo';
# XOOPSが別ホストで動く場合の例:
# grant all privileges on xoopsdb.* to xoopsuser@'oku.edu.mie-u.ac.jp' identified by 'himitsudayo';
quit;

作ったサイトをアクセスして指示に従う

ブラウザでの設定が終わったら,再度コマンドで次のようにしておく。

cd /home/httpd/html/xoops/
rm -rf install/

できれば mainfile.php は一般ユーザが見えないようにしておく。

作ったサイトをアクセスしてログインできるかチェック。

PHPの新しいバージョンでは,Only variable references should be returned by reference のような警告が画面に山ほど出る。 XOOPSの管理メニューの一般設定でPHPデバグをオフにすればよい。


Last-modified: 2006-07-05 (水) 08:43:07 (4157d)