Ruby on Rails

インストール

Vine Linux 4.1では,あらかじめ ruby と rdoc と MySQL 関係,ついでに ruby-devel をインストールしておく。例:

apt-get install rdoc

Mac OS X 10.5以降ではRailsが標準で入るようだ。 Mac OS X 10.4に入っているものはRuby 1.8.2なので,念のためソースからRuby 1.8.6をコンパイルし,/usr/local/bin がPATHで先になるようにしておく(ここ 参照)。

以下のインストールは,Linuxならroot権限,Mac OS Xならsudoを付けて行う。

http://rubyforge.org/projects/rubygems から最新のRubyGemsをダウンロードして展開し,その中で

ruby setup.rb

でRubyGemsをセットアップする。最後に

gem install rails --include-dependencies

する。gemコマンドはyumやapt-getと同様に使える。 例えばgem update railsでアップデートできる。

デフォルトのWEBrickでも十分速いが,さらに速い Mongrel というRubyでできたWebサーバをインストールしておく:

gem install mongrel

サンプルの作成

適当なディレクトリでhelloというアプリケーションを作ってみる。

rails hello

いろいろなディレクトリとファイルが生成される。その中に入ってWebサーバを起動。

cd hello
mongrel_rails start -d

これで http://サーバ名:3000/ を見てみる。終了は

mongrel_rails stop

実運用

Apache + Mongrel がよさそう。 Mongrel: Apache 参照。


Last-modified: 2007-08-15 (水) 19:55:28 (4057d)