Movable Type 4.1

CentOS 4へのインストール

Movable Type 4.2のオープンソース版をCentOS 4にインストールしてみる。

http://www.movabletype.jp/opensource/ から MTOS-4.23-ja.zip をいただいてくる。

データベースサーバ上で例えば次のように打ち込む。 以下の例は,データベース名が movabletype,データベースにアクセスするユーザ名が mtuser, データベースにアクセスするパスワードが himitsu の場合。'hostname' はWebサーバのホスト名。 同じホストなら localhost とする。

mysql -u root -p
create database movabletype;
grant all privileges on movabletype.* to mtuser@'hostname' identified by 'himitsu'; 

最後の行は

grant select,insert,update,delete,create,create temporary tables,drop,index,alter on ...

のように具体的に指示したほうがいいかもしれない。 もっとも,SQLiteを使うほうがずっと楽だ。

Webサーバ上で次のように打ち込む。

cd /var/www/cgi-bin
unzip ~/MTOS-4.23-ja.zip
mv MTOS-4.23-ja mt
cd mt
mv mt-static /var/www/html/

mt-static/support は apache が書き込めるようにする。 mt-static という名前はHTMLソース中に出るので,わかりにくい名前に変えても無意味。

http://...../cgi-bin/mt/mt.cgi をブラウザで開く。 Static web path に /mt-static,Static file path に /var/www/html/mt-static と入れて [開始] をクリック

Perlモジュールが足りないと言われたらインストール。具体的には

cpan

と打ち込む。このコマンドを打ち込むのが最初ならいろいろ聞かれる。その後,念のため

install Bundle::CPAN
reload cpan

としてCPAN.pm自身を更新する(たいへん時間がかかる)。これが終わったら

install モジュール名

と打ち込めば自動的にモジュールが入る。

さきほど設定した Database Server,Database Name,Username,Password を入れ,[Test Connection] をクリック。

Your database configuration is complete. と出たなら [Continue] をクリック。 そうでなければ指示に従う。

Send email via: に対しては,Sendmail,/usr/sbin/sendmail,自分のメールアドレスを入れ,[Send test email] をクリック。 自分にメールが届けばOK。

Your mail configuration is complete. と出たなら [Continue] をクリック。

We were unable to create your Movable Type configuration file. とか言ってくるので,臨時に

chmod 777 /var/www/cgi-bin/mt

して [Retry] するのが一つの方法。後でパーミッションとmt-config.cgiのオーナーを直しておくこと。 あるいは I will create the mt-config.cgi file manually にチェックを付けて画面に現れるものをコピペして mt-config.cgi を作るほうが安心。

Create Your First User は適当に。 このユーザが管理者になる。

Create Your First Blog も適当に。Timezone は UTC+9 に。 該当するディレクトリを作って apache が書き込めるようにしておく。[Finish install] をクリック。

Installation complete! と出ればOK。[Login to Movable Type] をクリック。

エラーがないことを確認。 あとはいろいろ試してみる。


Last-modified: 2009-02-05 (木) 16:39:54 (3211d)