** 前口上 [#e7f908e0]

http://ce.decode.waseda.ac.jp/ML/informationstudy/mail7.html
の [informationstudy:01697] から始まる一連の議論の中で出てきた、
「『Wordの正しい使い方』を教える教材作り」に関する Wiki です。

by tatsumi

** 議論の一部 [#n2c3ed6c]

とりあえず奥村の投稿したものの抜粋:

-----

+ いわゆる半角カナは使わない
+ いわゆる全角文字で英数字を綴らない(少なくとも横書き時は)
+ 和文はボールドや斜体のような機械的変形を使わず,書体を変える
+ 空白文字を使わず,インデントやタブを使う

3については、もう少しお教えください。

まずボールド体については,欧文書体の場合は,Windowsでも,よく使われる
書体については本物のボールド体が入っており,[B]ボタンを押すとその書
体に切り替わります。

ところが,和文書体についてはWordは単に機械的ににじませるだけというイン
チキをやっており,画面上ではそれなりに見えていても,高解像度のプリンタ
で出すと,少しだけずらした文字を3回ほど出力することによってにじませて
いるだけなので,よく見るとたいへんみっともなく,これを使うのは業界では
タコということになっています。PDFをテキスト化したもので同じ文字が3回ず
つ並んでいることがあるのは,これが原因だと思います。

Windows上でWordで書く場合は,本文はMS明朝(欧文はCenturyまたはTimes
New),見出し等は(MS明朝の機械的ボールドではなく)MSゴシック(欧文は
Arial),もしもっと太いほうがよければ,(MSゴシックの機械的ボールドで
はなく)HGS創英角ゴシックUBという書体(とArialのボールド)を使うことに
なります。同じWordでも,Mac OS X上では美しいヒラギノ6書体が使えますの
で,もっと選択肢は広がります。

斜体については,欧文ではたとえばTimesとTimes Italicはまったく別書体で,
機械的な斜体ではありませんが,和文については機械的な変形になってしまい
ます。まともなプリンタにはアフィン変換の機能があるので見栄え的には斜体
はボールドほど禁忌ではありませんが,それ以上に,文化として日本語では斜
体で欧文のイタリック体のような引用や強調を表すという伝統がないことが,
和文では斜体を使うべからずといわれる一番の理由だろうと思います。通常は,
斜体にする代わりに圏点を付けたり〈〉で囲んだりします。

もっとも,欧文でもCenturyを選択して[I]を押してもCentury Italicにな
らず機械的斜体になるのはWordの問題点の一つです。
←つーか,WindowsにCenturyが1書体しか乗ってないからです。
[B]も機械的ボールドです。

Windows Vistaのメイリオはtrueボールドが備わっているそうです。

-----

昼飯を食べながら考えたんですが,うーん,こんなに明白な間違ったWordの使
い方が巷では普通に行われていて誰も疑問を持っていない,これは問題だ。

どなたか(あるいはこの研究会で)『Wordの正しい使い方――こうしないと水
島先生は単位をくれません』なんて本を書きませんか。大学のリテラシーの教
科書にして,高校の先生にもどこかで必読書に指定してもらって……。

-----

水島先生が冬休みには書いてくださるそうである。

** その他 [#p7baff3d]

-Windowsは最初の「ようこそ」も斜体。日本文化にうといのでは?
-MS「P」明朝・ゴシックの問題。これでフォントを埋め込まないPDFを作ったりされると、目もあてられない(Windows以外では文字がガタガタになります)
-Macには「P」フォントはない(「ヒラギノP明朝」なんてのはないです(ペアカーニング情報の入ったOpenTypeフォントですのでアプリケーションが対応すればプロポーショナル組みは可能)。Office 2004をインストールすればMS Pフォントが入りますが、もちろん由緒正しいMacユーザはヒラギノを選択するでしょう)
-下線はフォントが変えられなかったタイプライタ時代の名残り。
Wordについてではないが [[qa:32045]] [[qa:32046]] 等参照。

** 文献 [#a0ffb212]

-日本エディタースクール編『パソコンで書く原稿の基礎知識』(日本エディタースクール出版部,2001)http://www.editor.co.jp/
-日本エディタースクール編『Wordで本をつくろう[ヨコ組編]』(日本エディタースクール出版部,2003)
-日本エディタースクール編『原稿編集のためのパソコン操作の基礎知識 Word2002対応』(日本エディタースクール,2003)

** リンク 大学などのWordの説明ページ [#w20ceb0d]
-東京大学教養学部 http://hwb.ecc.u-tokyo.ac.jp/current/485742.html

** コメント [#t927ff9a]

-科研費の申請書のダウンロードのページhttp://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/03_keikaku/download.html の中の研究計画調書の基盤研究(A・B・C)(一般)のWord2000のファイルは、書き込みがしにくかったです。ページの下の方が消えてしまったり、表の中の行の高さが左右で不揃いで横に揃えるのに苦労しました。 -- 山守 &new{2004-10-07 (木) 15:45:36};
-TeXマクロもありますよ、いや、すっかりお任せっきりで、すみません。^^; いただいたものを私のMacのWord 2004で見たらかなりずれてしまいました。やはり同じWordでも互換性がないのでしょうか -- 奥村 &new{2004-10-07 (木) 15:51:13};
-研究助成募集のページhttp://www.tsc.co.jp/~tft/bosyuu/index.html の中のWord形式のファイルも、例えば「主たる研究実施場所」の表の中で、行の位置が下の方へずれてしまって、表示文字が下半分隠れてしまうことがおきてました。 -- 山守 &new{2004-10-07 (木) 15:59:49};
-WordはMac<=>Win間は互換性が余りありません。使っているフォントの種類も違いますし。書式(紙の大きさや余白など)設定が空白になっていて、ここからしないと印刷できないこともあります。ちょいと前でしたけれど。 -- わきだ@名古屋 &new{2004-10-07 (木) 16:03:48};
-最新のOffice:mac 2004はわざわざMS明朝などを同梱して互換性に配慮しているので、単にバージョンの違いかもしれません。 -- 奥村 &new{2004-10-07 (木) 16:17:17};
-かつての98文字と同じで、普通のユーザはあるものは何でも使ってしまうものです -- すのもの &new{2004-10-07 (木) 18:14:39};
-そうですか、最新版はフォントを同梱しているのですね。それなら大丈夫だと思いますね。用紙設定が空白になるのはなぜなのだろう?会議のレジュメでMacのWordで作られたものが送られてくるのですが、いつもそんな感じです。すのものさんの言われる通り、あるものを何でも使って「見た目」が良ければOK、という文化になってしまっているのかもしれません。(他人を思いやる心がない、かもしれませんが。) -- わきだ@じたく &new{2004-10-07 (木) 22:42:12};
-参考文献、助かります。 -- わきだ@じたく &new{2004-10-07 (木) 22:43:36};
-ひょっとしてMac OS Xになる前の古いMacのWordですか? -- 奥村 &new{2004-10-07 (木) 22:56:54};
-おそらくそうです。Mac OS Xは触ったことも見たこともありません。といっても、単に他の学校の数学の先生から送られてくるもので、マシン自体は半年前に1回見たっきりです。そのMacがiBookの最古参だろうな、というぐらいしか覚えていませんです。今現在は修正にえらい手間がかかっていますわ。 -- わきだ@じたく &new{2004-10-07 (木) 23:49:08};
-Mac版Office 2004 はフォントだけでなく内部のレイアウトシステムもWindows版と同様の物になったから互換性が向上している、とMSの人が言っているのを聞いたことがあります。 -- 金内 &new{2004-10-08 (金) 08:39:15};
-なるほど、ちょいとその書類を送ってくる人に聞いてみますね。 -- わきだ@なごや &new{2004-10-08 (金) 12:34:23};
-とりあえずMicrosoftのMac版Wordのぺーじ http://www.microsoft.com/japan/mac/products/word2004/default.asp?navindex=s2 -- わきだ@なごや &new{2004-10-08 (金) 12:36:23};
-esbooksの参考書ページ 念のため http://esbooks.yahoo.co.jp/books/computer/application/371401/-/sort/1 -- わきだ@なごや &new{2004-10-08 (金) 12:45:07};
-ここの議論の観点とは異なりますが、Word ってウィルスを埋め込めましたよね? テキストファイルを印刷するとき以外は使わないのが正しいと信じていましたので、奥村さんがこういうページを作られたこと自体が意外でした -- すのもの &new{2004-10-12 (火) 00:20:38};
-きっかけは上の方からリンクされているメーリングリストのアーカイブをご参照ください。Wordなんて覚えなくていい、就職してからもEmacsとTeXを使え、と言えたら幸せなんですが -- 奥村 &new{2004-10-12 (火) 11:13:44};
-ウイルスを埋め込めたというのは、マクロウイルスのことですね。今はマクロの警告が出ますので実行を許可しなければ大丈夫でしょう。何でテキストファイルを印刷するのにWordなんか使うんですか? テキストエディタで十分なのに。 -- 奥村 &new{2004-10-12 (火) 12:40:27};
-あとで(職場で)読みます>きっかけ / ああ、そうだったんですか。専用のアカウントを一つ作ってそこでだけ開いていました>Word ファイル(のウィルス) / 書き忘れましたが、テキストファイルを印刷するのは(ほとんど)掲示物を作るときだけです。大きな文字が出せるのはとりあえず Word, ということで。ブラウザから印刷することも最近はあります。だから「テキストファイルを印刷する」というよりは「自分の書いたものを印刷する」と言うべきだったかも -- すのもの &new{2004-10-12 (火) 18:44:24};
-あ、Wordの脆弱性がまた発見されてしまいました。これが修正されるまでは素姓不明なファイルは開かないほうがいいでしょう -- 奥村 &new{2004-10-13 (水) 08:52:28};
-メッセージ番号が書いてあるのに気づかず全部読み始めてしまいました。しかも上が最新とカン違いして下から読み始め、もう少しで Word の話になるところで間違いに気づき上から読み始めたという……。内容についてはまた書きます -- すのもの &new{2004-10-13 (水) 18:29:31};
-経線を多用したファイルが飛び交う時機になりましたが,私のMac OS X版Wordでは無茶苦茶な表示になることがよくあります。やはり互換性はないのかなぁ。 -- 奥村 &new{2004-10-13 (水) 20:21:46};
-経線→罫線 -- すのもの &new{2004-10-13 (水) 20:26:14};
-わぁ,ありがとうございます。しかし早い! -- 奥村 &new{2004-10-13 (水) 20:27:53};
-一度、全ての機能を自由に使わせてから、これはこういう理由で避けたほうがよい、と説明するのがよいような気がしてきました。理由はまたいつか -- すのもの &new{2004-10-14 (木) 00:09:57};
-全ての機能を使うまでに何日かかるのだろう?(全然知らない機能があります。) -- わきだ@なごや &new{2004-10-14 (木) 15:51:06};
-全てを自由に使わせるのであって、全てを使わせるのではありません :-) -- すのもの &new{2004-10-14 (木) 16:37:38};
-しかし、おっしゃっておられることは全くその通りだと思います -- すのもの &new{2004-10-14 (木) 16:49:54};
-MacOSXのOffice2004にはMSPゴシック/明朝がはいっています -- 通りがかり &new{2004-10-15 (金) 09:25:50};
-はい、私もユーザですので存じております -- 奥村 &new{2004-10-15 (金) 09:30:23};
-「下線はフォントが変えられなかったタイプライタ時代の名残り」ですが、イタリックは目立ちにくいんで、自分で下線を引いて読んでいます。タイプ打ちのプレプリントなら下線ではっきりわかったのですが。間に合わせが必ずしも悪いわけではない、という例ではないかと -- すのもの &new{2004-10-15 (金) 20:10:13};
-見えにくい人が自分で下線を引くのと,イタリックではなく下線で印刷するのとは,話が違うのでは? -- 奥村 &new{2004-10-15 (金) 20:13:40};
-私は下線で強調されていたらそのほうがいいです。欧文の場合ですが -- すのもの &new{2004-10-15 (金) 22:09:01};
-それはすのものさんの好みであって,たとえ原稿にアンダーラインが引いてあったからといってアンダーラインを印刷してはいけません。それはイタリックに変えるのがプロの編集者です。編集業に疎い素人の好みと編集者のbest practiceをごっちゃにしてはいけません。 -- 奥村 &new{2004-10-15 (金) 22:17:18};
-ただ逆にレッシグがプレゼンでよくやるように古いタイプライタ文字をスキャンしたような書体でイタリックの代わりにアンダーラインを使うと「手書き感」が出ますね。掟を知って破るのと知らないで破るのとでは意味が違うわけですが -- 奥村 &new{2004-10-15 (金) 22:28:24};
-いまのところ編集業をする予定はありませんし、そういう際に個人的な好みで習慣を破るべきではない、ということも心得ています -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 01:38:06};
-しかし、本当にイタリックによる強調ってわかりやすいですか? ぱっとページを開いたとき太字なら目につきますが、イタリックは目にはいりません。私だけでしょうか -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 01:46:48};
-例えば K&R2 第7章の最初のページを開いたとき、standard input というイタリックで印刷された用語がすぐに目に飛び込んできますか? -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 01:58:52};
-em で駄目なら strong があります(手書きでは波下線,印刷ではボールド)。strong を多用したページが品が良いかは別として。 -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 08:01:34};
-つまりemはページの黒さをほぼ一定に保ちつつ際立たせるもので,書名とかラテン語とか定理とかに一定のルールに従って使うものです。 -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 09:25:10};
-現在欧米で標準となっているやり方がそうであることは知っています。「正しい」「間違った」という言い方をする際には「何を基準にして」かをはっきりさせておかないと議論が始まりません -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 14:45:39};
-K&R2は欧米の本ではなかったのですか? -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 14:59:53};
-もちろんそうですが。なんだか話がかみ合いませんね。K&R2 は欧米の本であってその基準にあった活字の使い分けをしていると思います。われわれがここで Word の“正しい”使い方を論じる際、いまの欧米の基準にあった文書作りをめざそう、と決めて始めるならそれで結構ですが、そう宣言していただかないと議論は混乱します -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 15:13:39};
-欧米の話をしているわけではありません。和文でも強調にすぐアンダーラインを使おうとするのは素人さんです,使っていけないわけではないけれど,きれいに組まれた本をたくさん読んでみましょう,自己流に陥ってはいけませんよ,伝統を破るのは伝統を勉強してからでも遅くないですよ,ということが言いたいわけです(アンダーラインは一例で,ほかにも同様な例はたくさんあると思います) -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 15:44:10};
-どうもアンダーラインばかりに話が行っているようですが,メーリングリストではセンテンスごとに段落を切るような書き方もやり玉にあがっていました。国語の先生はそれも自己表現だと許容的になっているのかもしれませんが,私は少し型を教えたほうがいいと思っています。 -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 15:49:53};
-(↑型を教えるのは大きくなってからで,小さいうちは許容的な教育も必要と思います。当然ですが,念のため) -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 16:01:26};
-和文でアンダーラインというのは、実例は知っていますがよほど偉い人でないと使えないもの :-) で、私が言っていたアンダーラインは欧文の場合です。このページのスタンスはわかりました。/ 私としては意外だったのは、奥村さんの「LaTeX 美文書作成入門」(1991 年)の 277 ページ 17-29 行目が強く印象に残っていたものですから -- すのもの &new{2004-10-16 (土) 16:29:44};
-後半については話が違うことなのでなぜ意外だかわかりませんが,このページの趣旨からだんだん外れていきそうなのでWordをどう教えるかという話以外は個人のWikiのほうにどうぞ -- 奥村 &new{2004-10-16 (土) 16:50:41};
-うーむ、まず生徒に求める最終目標を話しませんか?伝統を学んでから、というのはわからなくもないのですが、インターネットが普及して本当にいろんな使い方をされているのと同じように、Wordもいろんな使い方が既にされている状態ですよね。それを「自己流」というのはいいんですが、それを修正するために「きれいに組まれた本」が必要と言われても、どれがキレイなのかすらわからない状態と考えないとあかんす。 -- わきだ &new{2004-10-17 (日) 20:35:49};
-すいません,かなりTeXの話と交錯して話が見えにくくなってしまいましたね。組版技術を生徒に教えるというのが趣旨ではありませんでした。先生方には,なぜ和文ボールドが嫌われるかといった組版の基本的なことを理解していただいて,その上で良い手本をお示しいただければいいと思います。レディネスのない生徒に「きれいな本を作るには」などと言ってもうまくいかないでしょう。 -- 奥村 &new{2004-10-17 (日) 20:42:20};
-先生方には,Robin Williams,吉川典秀訳『ノンデザイナーズ・デザインブック』(毎日コミュニケーションズ,1998年)をまずお勧めします。 -- 奥村 &new{2004-10-17 (日) 20:49:32};
-最終目標についてはMLでもいろんな話が出ていたと思いますが,高校では教科書に出ている例が打ち込めれば十分だと思います。むしろ,Word文書をメールに添付したら困る人がいることを理解してもらうほうが大切なのでは? その先は大学で習えばいいことだと思います -- 奥村 &new{2004-10-17 (日) 21:37:41};
-わきだ先生が [[informationstudy:01796:http://ce.decode.waseda.ac.jp/ML/informationstudy/msg01792.html]] でうまくまとめてくださっていますね。じっくり読ませるには明朝,際立たせるにはゴシックといったWordに限らない普遍的なデザイン原則を体得してもらうということはとてもいいことではないでしょうか。 -- 奥村 &new{2004-10-17 (日) 22:28:15};
-amazonなどで見てみたところ,ノンデザイナーズ・デザインブックは在庫切れでしたし,大学図書館にもありませんでした・・・。私も持っていませんし,増刷してくれないものでしょうか。 -- 大友 &new{2004-10-22 (金) 12:33:41};
-私の研究室だけかもしれませんが,ゼミでの配布文書などでは本文を丸ゴシックにしている人が目立ちますし,許容されています。私も学生の一人なので恐縮ですが,生徒側としてはデザインは必要に応じて変えていくもの,或いは時代によって変わり行くものという意識が強いでしょうし,それに対して何らかの納得しうる説明を加えたほうが良いかもしれません。 -- 大友 &new{2004-10-22 (金) 12:47:52};
-ゼミの配布資料は別にかわわないとは思います。論文がそれでは困りますけれど。 -- 奥村 &new{2004-10-22 (金) 12:52:56};
-個人的な疑問ですみませんが,http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~haga/renshuu-3-1.htmlにおいて,「概要は斜体」とあります。私は直立体だと思っていたのですが,実際はどうなのでしょうか。(たしかに論文を見ているとAbstructをウェイトの大きいフォントなどで強調している組み方を見かけますが。) -- 大友 &new{2004-10-22 (金) 13:03:00};
-和文で斜体というのは奇異だと思いますが,ハウスルールがそうなっていればしかたがありませんね -- 奥村 &new{2004-10-22 (金) 13:30:22};
-品切れでしたか。英語版ならまだ出ているかもしれません(第2版?) -- 奥村 &new{2004-10-22 (金) 13:33:34};
-ありがとうございました。あくまで正式な組み方が求められている場合の話,というわけですね。>Wordの正しい組み方 -- 大友 &new{2004-10-22 (金) 13:52:44};
-個人的な疑問についてもご返事ありがとうございました。正式な組み方を理解した上で,固有のルールに従うということですね。 -- 大友 &new{2004-10-22 (金) 13:56:45};
-『ノンデザイナーズ・デザインブック』ですが,Second Edition(2004年3月刊)であればAmazonにも在庫があるようです。初版をご覧になったのでは? -- すずき &new{2004-10-24 (日) 00:09:00};
-すずき様,どうもありがとうございました。(別項目として載っていたので,違う本と勘違いしてました。)早速注文しました。 -- 大友 &new{2004-10-25 (月) 11:19:12};
-第2版の訳が出ていたんですね。私も知りませんでした -- 奥村 &new{2004-10-25 (月) 12:51:02};
-書店ではデザインの分類に入れているところと、コンピュータのところに入れているところがありました。名駅で探したのですが、なかなか出てきませんでした。(買いましたけれど。)日本語特有のことについてはそんなに書いてないなあと感じました。 -- わきだ &new{2004-10-26 (火) 01:12:50};
-日本語固有のことについては、日本エディタースクールの標準編集必携のような本に頼らざるを得ないですね。ただちょっと畑違いの方には取っつきにくいかも。デザインの原則に目覚めれば英語でも日本語でもセンスは同じです -- 奥村 &new{2004-10-26 (火) 08:29:50};
-Wordを勉強している人にちょうど合う本がなかなかないですね。このあたりは水島先生に期待しています -- 奥村 &new{2004-10-26 (火) 08:30:59};
-こんにちは。informationstudy MLでの議論を拝見してまいりました。実際に学生が入力するものを見て気になるのは、やはり4です。また、空白を行末まで入れてむりやり改行に見せるという荒技も…。こういう悪い例と、なぜそれが問題なのかをわかりやすく説明したものが共有されるといいですね。 -- 黒崎 &new{2004-10-26 (火) 12:39:49};
-また、自分自身で迷うのは、段落の始めに空白文字を入れるか、それとも入れずに「本文字下げ」スタイルを使うか、ということです。オートコレクト機能をオンにしていると、空白文字jを入れても自動的にインデントに置き換えられてしまうようですが。 -- 黒崎 &new{2004-10-26 (火) 12:43:03};
-そうですね。この場合はオートコレクト便利ですね -- 奥村 &new{2004-10-26 (火) 13:09:54};
-学内文書の話ですが、デフォルトの設定で Word はページ番号を打ってくれないので、数十ページの文書でページ番号が振られていない、なんていうことも沢山あります。しかも教職員の方が :-) -- 渡辺徹@Thor &new{2004-11-18 (木) 00:00:26};
-困ったときの奥村先生wiki頼みです。Word関係なのでここに。今頼まれた原稿を書いているのですが、(〆切は先月末:過ぎてます。トホホ)その課題が「文書のデザイン」なのです。例えば、NICER http://www.nicer.go.jp/teachers/ の教育情報データベースでは、Wordの操作方法は資料として出てくるのですが、本当に具体的な授業での活用実践が少ないのです。 -- わきだ &new{2004-12-06 (月) 21:19:26};
-で、中学「技術」の「情報とコンピュータ」や高校「情報」や大学の「情報処理」関連の授業で、文書のデザインの指導ってどうされてるんでおますか?(1)何かテーマがあって、そこで必要なデザインを考えさせてます?(2)それともやれることを大体教えてしまって、後はてきとーに頑張れ?(今うちはこちらに近い。) 見やすいデザインを評価することって、作品の見た目を主観的に評価しちゃうってことも考えられますし、細かいとこ(見出しの設定とか)をキチンと見るってのもありだし、それとももっとてきとーかなあってグルグル考えてしまってます。こんな私って変でしょうか? -- わきだ &new{2004-12-06 (月) 21:25:08};
-ほんとにそうですね。学生もいろんなフォントや文字飾りや色づかいを混ぜてセンタリングにでもすればたくさん点が貰えると考えちゃうかもしれませんが,見るに耐えません。まずは良い例と悪い例をたくさん見せて,どこが悪いか考えさせるといいのではないでしょうか。ノンデザイナーズ・デザインブックにはそのような例が多数ありますが,日本語の例が欲しいですよね。自分で探すしかないでしょうか -- 奥村 &new{2004-12-06 (月) 21:26:37};
-あ,また先を競うかのように書き込んでしまいましたが,高校などの現場で実践されている先生方のご意見をぜひお聞きしたいものです -- 奥村 &new{2004-12-06 (月) 21:44:51};
- ワークスコーポレーションから出版されている工藤 強勝著の『デザイン解体新書』(2006) が良いと思います.かなり細かい部分まで解説されていて,若い人には刺激になると思います. -- Th\'or &new{2007-02-13 (火) 22:17:17};
- ありがとうございます。注文してみました -- 奥村 &new{2007-02-13 (火) 22:49:53};

#comment