日文『情報A』 p.74:

文字や画像などのさまざまな形態の情報(1次情報)を統合して,その特性に応じて再編成し,新たな情報(2次情報)をつくり出すこと。

実教『新版情報A』 p.117:

ディジタル方式では,数値,文字,音声,静止画,動画などすべての情報を0と1であらわすことができ,コンピュータや記録メディアで統合的に扱うことができる。これをマルチメディアという。

「これ」とは「統合的に扱うこと」なのか「統合的に扱うことができること」なのか「統合的に扱った作品」なのかよくわからない文章である。

●第一『改訂版情報A』 p.21:

音声・文字・画像など,種類の異なる情報を統合したものをマルチメディアという。

シンプルだが,この定義では従来のアナログTVや映画なども含まれそう。

●一橋『情報A』p.85:

文字,音声,静止画,動画などはディジタル化によって,0と1の2つの数字で表現される2進数になり,コンピュータで統合的に取り扱うことができるようになる。これをマルチメディアという。

これはほぼ実教と同じだが,傍注に「データの統合」として次のように補説。

マルチメディアとしてデータを統合する場合,統合前の個々のデータを1次データ,統合後のデータを2次データということがある。

こちらは日文の「1次情報」「2次情報」を使った定義に似ている。




Last-modified: 2006-09-22 (金) 12:56:38 (4078d)