Meadow

はじめに

ふだんUNIX系でEmacsを使っている人はWindowsではMeadowを使うことになるであろう。 Meadowが重い場合は 亀井さん のxyzzyがお薦め。

Meadowについては Meadow FAQ とそのリンクを熟読されたい。 私のページにあるのはこれらの受け売りである。

インストール

あらかじめ環境変数 TZJST-9 に設定しておく。 さらに HOME をホームディレクトリ(たとえば C:\okumura)に,TMP を実在するテンポラリディレクトリに設定しておく。 PATHC:\Meadow\1.15\bin を入れておいてもよかろう(特に必要なし)。 特に TZ を設定しないと時刻が LMT(Local Mean Time?)という変な表記になる。

また,Windows 非 NT 系から NT 系に更新した場合にシステム環境変数 ComSpec が C:\WINDOWS\system32\COMMAND.COM になっていることがあるが,これではうまくいかない(1.15 ではインストールが中止される)。 C:\WINDOWS\system32\cmd.exe に直しておく。

角藤氏のpTeXをインストールされているならtexinst???付属のtar,gzipが使える。 C: のルートディレクトリで tar xvzf Meadow-1.15-i386.tar.gz すれば Meadow というフォルダができる。 この中のバージョン番号のフォルダに入って install と打ち込む。 ホームディレクトリを聞いてくれば実在するディレクトリ(たとえば C:\okumura)を入れる。

C:\Meadow\1.15\bin\meadow.exe のショートカットをデスクトップに作っておくと便利。 右クリック→プロパティ→作業フォルダはホームディレクトリ(たとえば C:\okumura)にしておく。 C:\Meadow\dot.emacs.ja をホームディレクトリにコピーし,.emacs と改名して,Meadow を起動する。

起動が遅い場合は hosts ファイル(C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts)に次のように書く。

127.0.0.1  localhost localhost.localdomain

カスタマイズ

まず 川原さん が薦めておられる Microsoft TypographyTrueType core fonts for the Web にある視認性の良い Andale Mono をインストール。 いろいろ試行錯誤して私のLibretto L1用 .emacs をでっち上げる。

AUCTeX については2003年8月16日朝に取得した CVS 版をとりあえず Meadow で使えるように手を加えて auctex.tar.gz として置いておく。 C:\Meadow\site-lisp の中で展開し,.emacs に例えば次のように書いておく。

;;; AUCTeX
(setq load-path (cons "/Meadow/site-lisp/auctex" load-path))
(require 'tex-site)
(setq TeX-file-extensions '("tex" "sty" "cls" "ltx" "texi" "texinfo" "dtx"))
(setq TeX-default-mode 'japanese-latex-mode)
(setq japanese-LaTeX-default-style "jsarticle")
(setq japanese-TeX-command-default "pTeX")
(setq japanese-LaTeX-command-default "pLaTeX")

暇があれば dired で *.el の上で B と打ってバイトコンパイルし直すと速くなるかもしれない。

ついでに html-helper-mode.elC:\Meadow\site-lisp に入れておく(→ Emacs で HTML)。

メールを読む

昔からの慣れで Mew を使うことにした。 Mew Official Homepage から Mew-Win32 をいただいてきて 適当なフォルダで展開,中の mew.exe を実行すればインストールされる。 設定を聞いてくるのでたとえば次のように答える。

Configuration File
C:\okumura\.emacs
User Name
Haruhiko Okumura
Mail Address
okumura@matsusaka-u.ac.jp
SMTP Server Name
mail.matsusaka-u.ac.jp
POP3 Server Name
mail.matsusaka-u.ac.jp
POP3 Account Name
okumura
POP3 Auth Method
サーバが APOP 対応なら APOP にする

.emacs に設定が書き込まれる。 たとえば次のようになればいい。

(setq mew-config-alist
    '(("default"
       ("name"        . "Haruhiko Okumura")
       ("user"        . "okumura")
       ("mail-domain" . "matsusaka-u.ac.jp")
       ("smtp-server" . "mail.matsusaka-u.ac.jp")
       ("pop-server"  . "mail.matsusaka-u.ac.jp")
       ("pop-user"    . "okumura"))
      ("microsoft"
       ("content-type"      . "Application/Octet-Stream"))
      ))

この他にもいろいろ入るが適当にカスタマイズする。 ノートパソコンでは mew-auto-get を nil にしておく。 パスワードを頻繁に聞かれるのが嫌なら mew-use-cached-passwd を t にしておく。

Mew が使えれば GnuPG も使いたくなるが,通常のバイナリは Mew では使えない。 Mew と PGP と Emacs にあるものなら大丈夫。 さらに新しい情報が Mew with GnuPG on CygwinGnuPG 1.2.2 用 patch にある。


リンクはご自由にどうぞ。

松阪大学 奥村晴彦

Last modified: 2003-08-16 09:05:52