TeX入門/ 最初の例/ 簡単な数式 (1)/ 簡単な数式 (2)/ 各種パッケージの利用/ レポート/ HTML と LaTeX の比較/ 複雑な数式/ 図表 / 文献引用/ 索引作成/ マクロの作成/ スライドの作り方(jsarticle 編)/ 応用的な使い方


簡単な数式の例 (1)

LaTeX は数式の組版を得意としています。 ここで簡単な数式を入力してみましょう。

数式を含むファイルの作成と LaTeX 処理

次のファイルを作ってみましょう。

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}

日本で漱石が「吾輩は猫である」を発表したころ,
ドイツでは Albert Einstein が特殊相対論を発表した。

この理論によれば,エネルギー $E$ と質量 $m$ は
\begin{equation}
  E = mc^{2}
\end{equation}
で関係づけられる。ここに $c$ は光速で,
\begin{equation}
  c = 299{,}792{,}458 \, \mathrm{m/s}
\end{equation}
である。

\end{document}

ファイルに ex2.tex という名前を付けて保存し,タイプセットします。 ex2.pdf を開いてみると,以下のように表示されるはずです。

ex2.jpg
 

LaTeX ソースの解説

行内数式

この例のように,数式は本文中では $ でサンドイッチします。

別行立て数式

別行立ての数式は

\begin{equation}
\end{equation}

で囲みます。 数式番号が不要な時には

\[
\]

で囲みます*1。 以下で述べる amsmath パッケージを使う場合には

\begin{equation*}
\end{equation*}

でもかまいません。

上付き文字

「c の2乗」のような上付きは c^{2} のように書きます。 上付きが1文字だけの場合は c^2 としてもかまいません。

下付き文字

同様に 「a の i 番目」のような下付きは a_{i} のように書きます。 下付きが1文字だけの場合は a_i としてもかまいません。

スペース

数式中で 299,792,458 と書くと,微妙にコンマの後にスペースができてしまい,桁区切りとして不適切な表示になります。 これを防ぐには 299{,}792{,}458 と書きます。

数値と単位の間には \, を挿入します。 見映えも良いスペースですし,間で改行されることもありません。

数式中では,いくら数値と単位の間に空白を入力しても無視されます。

\begin{equation}
  c = 299{,}792{,}458       \mathrm{m/s}
\end{equation}

ローマン体

単位は斜めのイタリック体ではなく直立したローマン体で書くルールになっています。 従って,数式中では単位の部分を \mathrm{...} で囲んでおきます*2

さらに……

数式を入力する際にはしばしばパッケージを利用します。 実際の利用例は複雑な数式で紹介しますが,パッケージによって高度な数式の入力が簡単になります。

高度な数式を書く:amsmath, amssymb

より高度な数式を書くためには,amsmath および amssymb というパッケージを冒頭で読み込ませます。 つまり,次のように書きます。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\begin{document}

……

\end{document}

これらのパッケージは,高度な数学を入力するために米国数学会 American Mathematical Society で開発されたものです。 AMS によって開発されたパッケージおよびクラスファイルについての詳細は AMS-LaTeX のページをお読みください。

フォントを Times 系に変更:newtx

LaTeX では,欧文や数式中の文字として標準では Computer Modern という Knuth 氏オリジナルのフォントが使われます。 Times 系フォントにするためには,例えば newtx パッケージを使います。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{amsmath,newtxtext,newtxmath}
\begin{document}

……

\end{document}

newtx パッケージについては,TeX Wiki の newtx のページをお読みください。


*1 昔は \begin{displaymath} と \end{displaymath} で囲む方法がよく用いられましたが,これはよく用いられる amsmath パッケージでサポートされておらず,タイプの手間もかかりますので敢えて使う理由はありません。
*2 あるいは,SI 単位を正しく表記するために便利な siunitx パッケージを使うこともできます。

Last-modified: 2015-05-19 (火) 15:30:06 (3d)