グラフの例:賃金・所得・給与の分布

このページの古いバージョンはグラフの例:賃金の分布である。

厚労省の賃金構造基本統計調査

厚生労働省賃金構造基本統計調査の結果の概要の平成27年(2015年)の賃金の分布(PDF)をグラフにしてみる。

この調査は毎年6月の所定内給与額を調べたものである。諸手当や賞与は含まれていないので,実際の年収はこの12倍より多いはずである。詳しくいえば次の通りである(平成27年賃金構造基本統計調査 結果の概況:主な用語の定義):

本概況に用いている「賃金」は、6月分の所定内給与額をいう。

「所定内給与額」とは、労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額((1)時間外勤務手当、(2)深夜勤務手当、(3)休日出勤手当、(4)宿日直手当、(5)交替手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額で、所得税等を控除する前の額をいう。

以下は男だけである。女の分布は各自試みられたい。

# quartz(width=6, height=9)      # Mac
# par(family="HiraKakuProN-W3")  # Mac
par(xpd=TRUE)  # プロットエリア外に text() を描く
par(mar=c(1,4,1,4)+0.1) # マージン c(5,4,4,2)+0.1

賃金 = c(0,100,120,140,160,180,200,220,240,260,280,300,
         320,340,360,400,450,500,600,700,800,900,1000,1200)
割合 = c(0.1,0.3,1.2,2.8,4.6,6.1,7.6,7.9,7.8,7.1,6.5,5.9,5.1,
         4.5,7.6,7.3,5.0,6.1,3.2,1.5,0.7,0.3,0.3,0.4)
幅 = c(賃金[-1], 1400) - 賃金  # 最大階級の最大値は任意に1400とする

barplot(割合/幅, 幅, horiz=TRUE, space=0, axes=FALSE)
t = c(0,100,200,300,360,400,450,500,600,700,800,900,1000,1200)
axis(2, labels=paste0(t/10,"万"), at=t, lwd=0, lwd.tick=1)
text(割合/幅, 賃金+幅/2, paste0(" ",割合,"%"), cex=0.6, adj=0)
賃金の分布(男)

平均値335.1千円,中位数(中央値)293.8千円とのことである。

厚労省の国民生活基礎調査

厚生労働省の国民生活基礎調査結果の概要平成26年 国民生活基礎調査の概況統計表を、xls形式でダウンロードできますの「第5表 各種世帯別にみた所得金額階級別世帯数の分布及び中央値」では,「50万円未満」「50万円以上100万円未満」…「1000万円以上」という階級で割合を表にしている。ここでいう所得とは,前年(2013年)の世帯ごとの年間所得で,税金や社会保険料を含む。平均所得は528万9千円,中央値は415万円である。サンプル調査である。

所得 = c(seq(0,500,50), seq(600,1000,100))
割合 = c(1.2, 5.4, 6.7, 7.2, 7.0, 7.3, 7.1, 6.3, 5.3, 4.8, 8.5, 6.9,
         6.4, 5.0, 3.7, 11.2)
幅 = c(所得[-1], 1100) - 所得  # 最大階級の最大値は任意に1100とする
axis(2, labels=paste0(所得,"万"), at=所得, lwd=0, lwd.tick=1)
text(割合/幅, 所得+幅/2, paste0(" ",割合,"%"), cex=0.6, adj=0)
世帯別所得分布

国税庁の民間給与実態統計調査

e-Statの「民間給与実態統計>結果表>年次>2014年」の第3表その1(1年を通じて勤務した給与所得者)の給与の分布(男女計)を示す。こちらは税務署に提出する源泉徴収票の「支払金額」そのものと思われる。「給与」の詳しい定義は次の通りである:

平成26年における1年間の支給総額(給料・手当及び賞与の合計額をいい、給与所得控除前の収入金額である。)で、通勤手当等の非課税分は含まない。なお、役員の賞与には、企業会計上の役員賞与のほか、税法上役員の賞与と認められるものも含まれている。

階級は「100万円以下」,「100万円超200万円以下」,…,「2500万円超」となっている。

給与 = c(seq(100,1000,100), 1500, 2000, 2500, 3000) # 上限は任意に3000万とする
度数 = c(4177606, 7214336, 8028818, 8240812, 6632790, 4501863,
         2804385, 1895962, 1249799, 821431, 1483416, 305993, 94661, 110800)
幅 = 給与 - c(0,給与[-length(給与)])
割合 = 度数 / sum(度数)
barplot(割合/幅, 幅, horiz=TRUE, space=0, axes=FALSE)
t = seq(0, 2500, 500)
axis(2, labels=paste0(t,"万"), at=t, lwd=0, lwd.tick=1)
text(割合/幅, 給与-幅/2, paste0(" ",format(割合*100,digits=1),"%"), cex=0.6, adj=0)
給与の分布

平均は415万円とのことである。中央値は不明だが300–400万円の間である。