グラフの例:地球温暖化

気象庁 | 世界の年平均気温平年差(℃) 気象庁 | 世界の年平均気温偏差(℃) にある世界全体の平均気温をプロットしました。

地球の平均気温の変化

par(las=1)              # 縦軸の文字を横向きにしない
par(mgp=c(2,0.8,0))     # 軸マージン(デフォルト: c(3,1,0))

気温 = c(-0.49, -0.56, -0.6, -0.56, -0.53, -0.32, -0.34, -0.51,
-0.41, -0.34, -0.43, -0.55, -0.62, -0.69, -0.55, -0.45, -0.63, -0.67,
-0.67, -0.64, -0.67, -0.58, -0.55, -0.38, -0.28, -0.49, -0.56, -0.4,
-0.43, -0.36, -0.28, -0.41, -0.39, -0.41, -0.31, -0.22, -0.32, -0.33,
-0.45, -0.23, -0.2, -0.23, -0.38, -0.23, -0.31, -0.33, -0.22, -0.19,
-0.22, -0.17, -0.11, -0.12, -0.08, 0.03, -0.11, -0.26, -0.28, -0.26,
-0.27, -0.34, -0.21, -0.15, -0.08, -0.31, -0.32, -0.41, -0.14, -0.08,
-0.14, -0.18, -0.09, -0.07, -0.04, -0.34, -0.28, -0.21, -0.21, -0.23,
-0.12, -0.15, -0.26, -0.14, -0.02, -0.29, -0.24, -0.33, -0.04, -0.13,
-0.01, 0.02, 0.06, -0.06, 0.09, -0.09, -0.11, -0.02, 0.14, 0.12, 0.05,
0.19, 0.12, -0.02, 0.01, 0.08, 0.16, 0.06, 0.24, 0.37, 0.15, 0.15,
0.27, 0.31, 0.31, 0.27, 0.32, 0.31, 0.28, 0.2, 0.31)
年 = 1891:2009

plot(年, 気温, type="o", pch=16, xlab="", ylab="", xaxt="n")
t = c(1891, seq(1900,2000,20), 2009)
axis(1, t, t)
axis(4, labels=FALSE)
title("地球の平均気温の変化(単位:℃,相対値)", line=0.5)

オマケ:線形回帰

res = lm(気温 ~ 年)
summary(res)
abline(res)

[追記] 中澤港先生の これ とか これ のようにすればデータを自動取得してグラフが描ける。


Last modified: