script タグ

この講座の最初の部分では document.write() を使っています。これは簡単ですが,古い書き方です。もっと現代的な書き方は後で学びます。

眠れない夜は羊を数えてみましょう。

ソース

これは次のように書きました。

<p>
<script>
  var i;
  for (i = 1; i <= 100; i++) {
    document.write("羊が" + i + "匹,");
  }
  document.write("ぐぅ");
</script>
</p>

詳しい命令の意味は後で説明します。ここではJavaScriptは

<script>

で始まり

</script>

で終わることだけ覚えてください。

【問】1行ごとに改行するにはどうすればいいでしょうか。

細かなこと

<script>

の代わりに

<script type="text/javascript">

と書いてもかまいません。HTML5では type="text/javascript" は省略できます。なお,

<script language="javascript">

と書く流儀もありましたが,今は使われません。

JavaScript の機能を切っているブラウザのためのメッセージを noscript というタグで表示することができます。

<p>
<script>
  var i;
  for (i = 1; i <= 100; i++) {
    document.write("羊が" + i + "匹,");
  }
  document.write("ぐぅ");
</script>
</p>

<noscript>
  <p>あなたのブラウザはJavaScriptをサポートしていません。</p>
</noscript>

次のように,最初に使うところに var を書く流儀もあります。

<script>
  for (var i = 1; i <= 100; i++) {
    document.write("羊が" + i + "匹,");
  }
  document.write("ぐぅ");
</script>

今は,コードの先頭や関数の頭に一つだけ var を書いて,そこですべての変数を宣言(できれば初期値も代入)するスタイルが推奨されています。理由は,他の言語と違ってJavaScriptはすべての変数宣言・関数宣言をスコープの先頭に持っていく(これを「hoisting」(巻き上げ)といいます)ので,後で宣言する意味がないばかりか,かえって誤解を与えてしまうことがあるためです。