もし……

復習

1から10までの数を並べてみましょう。

<p>
<script>
  var i;
  for (i = 1; i <= 10; i++) {
    document.write(i + "<br>");
  }
</script>
</p>

偶数か奇数か

1から10までの数を並べ,偶数か奇数かも出力します。

<p>
<script>
  var i;
  for (i = 1; i <= 10; i++) {
    if (i % 2 == 0) {
      document.write(i + "は偶数<br>");
    } else {
      document.write(i + "は奇数<br>");
    }
  }
</script>
</p>

i % 2i を2で割った余りです。等しいかどうかの判断は == です。

より複雑な判断

1から10までの数を並べ,偶数か奇数かも出力します。

<p>
<script>
  var i;
  for (i = 1; i <= 10; i++) {
    if (i % 2 == 0) {
      document.write(i + "は偶数<br>");
    } else if (i % 3 == 0) {
      document.write(i + "は3の倍数<br>");
    } else {
      document.write(i + "はどちらでもない<br>");
    }
  }
</script>
</p>

FizzBuzz問題

1から100までの数を並べてください。ただし3の倍数なら数の代わりにFizz,5の倍数なら数の代わりにBuzz,両方の倍数なら数の代わりにFizzBuzzと出力してください。

1
2
Fizz
4
Buzz
Fizz
……
14
FizzBuzz
16
……