グラフを描く

y = sin x のグラフです。仕組みはソースを見てください。

canvasとは

canvas要素はHTML 5で描画するための新しい仕組みです。座標は左上隅が原点で,右が x,下が y の向きです。

canvasの使い方

このページの例は次のようにしています。

<head>
...(略)...
<script>
function draw() {
  var canvas = document.getElementById('MyCanvas');
  var context = canvas.getContext('2d');
  context.strokeRect(1, 1, 628, 200);
  context.beginPath();
  context.moveTo(1, 101);
  context.lineTo(629, 101);
  context.stroke();
  context.beginPath();
  context.lineWidth=2;
  context.moveTo(1, 101);
  for (var i = 4; i <= 628; i += 4) {
    context.lineTo(i + 1, 101 - 100 * Math.sin(0.01 * i));
  }
  context.stroke();
}
</script>
</head>
<body onload="draw()">
...(略)...
<canvas id="MyCanvas" width="630" height="202"></canvas>
...(略)...
</body>

描画の方法

draw() { ... } の中でcanvas要素のcontextを取得し,それに対して実際の描画を行います。

function draw() {
  var canvas = document.getElementById('MyCanvas');
  var context = canvas.getContext('2d');
  // このcontextに対して描画する
}

例えば線分と円を描くには次のようにします。

  context.beginPath();     // パスを開始
  context.moveTo(20, 190); // ペンを紙に付けずに移動
  context.lineTo(580, 10); // ペンを紙に付けて移動
  context.stroke();        // パスに沿ってインクを流し込む(デフォルトでは1ピクセル幅)
  context.beginPath();
  context.arc(300, 100, 90, 0, Math.PI * 2, true);  // 円
  context.strokeStyle = "#6699CC";
  context.lineWidth=2;
  context.stroke();