Validatorを使おう

(X)HTMLは,タグの書き方を間違えてもブラウザがうまく取り繕ってくれることが多いので,間違いに気づかないことがあります。間違いを教えてくれる仕組みがValidator(バリデータ)です。

Validatorサービス

Validatorとして有名なサービスは W3C Markup Validation Service です。(X)HTML5に特化したサービスとしては validator.nu があります。同一IPアドレスからの大量のアクセスに応じない場合がありますので,授業などで使う場合は注意が必要です。

Validatorアドオン

ブラウザに組み込んで,間違いを知らせてくれるアドオン(機能追加)もあります。現在,ブラウザの進化が速いため,最新のブラウザで使えるアドオンがない可能性があります。

Windowsの場合

ブラウザは Firefox を使い,HTML Validator というアドオンを組み込みます。チェックのアルゴリズムが選択できますが,XHTML のチェックには「SGML Parser」をお薦めします。インストールすると,Firefox の右下に,正しければ緑の丸,警告があれば黄色い三角,間違いがあれば赤い丸が出ます。

Windows以外の場合

Windows 以外の場合にも,Firefox に上と同じ HTML Validator を組み込むことができます。ダウンロード場所は Html Validator for Firefox and Mozilla です。

うまく HTML Validator のインストールができない場合は,World Wide Web ConsortiumThe W3C Markup Validation Service でオンラインでチェックできます。ただし,同じIPアドレスから短時間に何度もアクセスがあると,接続をしばらく切られてしまうようです。

Mac OS XのSafariの場合

Mac OS X の Safari 用には Safari Validator があります。別の手として Installing the W3C HTML Validator on Mac OS X に従って W3C Validator を自マシンにインストールするという手もあります。


奥村晴彦

Last modified: 2011-08-10 10:11:15