Emacs の使い方

Emacs(イーマックス)は,Linux(一般にUNIX)でよく使われるテキストエディタ(文書入力ソフト)です。

昔はEmacsを日本語化したNEmacsやMule(ミュール)がありましたが,今はEmacsに一本化されています。

Emacs を起動してファイルを編集するには

emacs ファイル名
と打ち込みます。

Emacsの操作は Ctrl(コントロール)キーなどを併用したキー入力で行います。 たとえば Ctrl + DCtrl キーを押しながら D キーを叩く)が1文字削除です。 いちいち Ctrl + D と書くのは面倒なので,Emacsの解説書ではこれを C-d と書くことになっています。 同様に,1語削除は Alt + D ですが,これらを M-d と書きます。 M は昔の Meta キーにちなむものです。 なお,Alt が使えない端末ではたとえば M-dEsc(エスケープキー)を叩いてから D を叩きます。

オリジナルのEmacsの設定では C-h が「ヘルプ」(解説表示)ですが, 設定で C-h を「バックスペース」(後退削除)にしてあることがよくあります。 この場合、ヘルプは M-x help と入力します (Alt + x とすると最下行に M-x と出て, その右にカーソルが来ますので, キーボードから help[Enter] と入力します。

ヘルプには何種類もありますが,一番初心者向けのヘルプは, チュートリアル(自習書)という名前のものです。 M-x help[Enter] してから t キーを叩くと,日本語の丁寧な解説が現れます。 これを一通り読めばEmacsの使い方はわかります。

Emacsでよく使うキー操作をまとめておきます(SPC はスペース)。

C-x C-f  開く
C-x C-s保存
C-x C-w名前を付けて(変えて)保存
C-x k 閉じる
C-x C-c終了
C-x i カーソル位置へのファイルの挿入
C-SPC位置をマーク
M-wコピー(マーク点から現在のカーソル位置まで)
C-wカット(マーク点から現在のカーソル位置まで)
C-k行末までカット
C-k C-k(行の先頭で)1行カット
C-yペースト
C-x uアンドゥー(戻す)
M-q段落の整形
C-gキャンセル

奥村晴彦

Last modified: 2004-07-27 16:23:28